面会交流

【重要】面会交流ルールの一般的な定め方と注意点

なかなか面会交流の話し合いがまとまりません。面会交流ルールの一般的な決め方について教えて下さい。また、ルールを決める際には、どのような点に注意すべきでしょうか

今回はこのご質問を取り上げたいと思います。

面会交流は、実務家にとっても難しい分野。。。

弁護士
弁護士
親のエゴではなく、お子さんの心情や今後の成長にとって一番良い方法は?という視点が大切です。

面会交流のおさらい

夫婦が離婚する際、未成年者の子がいれば、父母のいずれか一方が親権者(単独親権)となり、子と同居して監護養育することになります。

離婚する前でも、夫婦が別居している場合には、父母のいずれか一方が子を監護養育しています。

このような場合に、子を監護養育していない親(非監護親)が子と会うことを「面会交流」といいます。

面会交流について、民法は、「父母が協議上の離婚をするときは、・・・父又は母と子との面会及びその他の交流・・・について必要な事項は、その協議で定める」(766条)とし、具体的な内容は、「子の利益を最も優先して考慮しなければならない」としています。

民法第766条

1 父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。

2 前項の協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、家庭裁判所が、同項の事項を定める。

3 家庭裁判所は、必要があると認めるときは、前二項の規定による定めを変更し、その他子の監護について相当な処分を命ずることができる。

4 前三項の規定によっては、監護の範囲外では、父母の権利義務に変更を生じない。

民法が、詳細なルールを設けていないところがポイントです。

面会交流のルールを決めるにあたって必要な視点

以下は、これまでの弁護士・調停官・調停委員の経験を経たうえでの私の私見です。

子どもにとって、一方の親と一緒に暮らしていなくても、自分には友だちと同じように、お父さんとお母さんがいると感じていること、そしてお父さんとお母さんの両方からたっぷり愛情を受けていることを実感しながら育つこと、これらが子の健全な成長にとって、大きな自信と安心、そして「ちから」となる

両親の離婚・別居は、子どもにとって、大変な出来事です。

まだまだ精神的にも成熟しておらず、

親には見えないところで、

寂しい、悲しい、こわい、その他いろいろな感情を抱いています。

・自分の気持ちをそのまま言葉で説明できる子どももいれば、うまく説明できない子どももいます。

・また、同居している親に気兼ねして、本心が言えない子どももいます。

・子どもの言葉は、そのとおり受け止めて良い場合とそうでない場合があります。

・大人は、言葉にならない子どもの気持ちを、表情や仕草も含めてあらゆる側面からくみ取ってあげなくてはなりません。

絶対にしてはいけないことは、子どもを夫婦の紛争に巻き込むことです。

子どもは、お父さんもお母さんも大好きです。

弁護士
弁護士
子どもの目の前で言い争いをしたり、もう一方の親の悪口を言ったりしないようにしましょう。

親の紛争に、子どもは関係が無いのですから、

子どもの不安を少しでもやわらげてあげましょう。

弁護士
弁護士
別居や離婚することになっても、どちらも親をやめたりするのではなく、大切に思ってこれからも成長を見守っていくということを、きちんと説明してあげましょう。

自分のことで精いっぱいなことも分かりますが、子どもの気持ちを想像してあげることはとても大切だと思いますよ。

子どもは、

「お父さん、お母さんがいなくなってしまったら、これからどうなるんだろう」

「もう2度と会えなくなるのかな」

などと大人が想像もしていないような心配をしていたり、

「お父さんに会いたいな、でもそう言ったらお母さんは悲しむかな」

「自分がお母さんを助けてあげなきゃ」

「転校しなきゃいけないのかな」

「本当はみんなで仲良く暮らしたいな」

などと思っているかもしれません。

現在の裁判所は、面会交流が子どもの健全な育成に重要であるという観点から、子の福祉にとって明白な害悪が生じることが予想されない限り、面会交流は行うべきであると考えています。

したがって、調停等の手続きでは、基本的に、面会を実施する方向で進められることも多いかもしれません。

もっとも、同居時に、夫婦間暴力児童虐待飲酒癖等があった場合などには、面会交流を実施することが理念通りの意義を持つとは限りません

面会交流を強行することが、子の健やかな成長にとってマイナスになる可能性があることも十分に検討しなければなりません

時折、子どものことを全く考えておらず、単なる自分のエゴや意地、離婚した配偶者への嫌がらせを目的としているとしか思えないような面会交流の申し出がなされることがあります。

弁護士
弁護士
「毎週」とか「毎日毎晩」といった申し出も、監護していない側の親の気持ちとして分からなくはないですが、子にも生活があり、子にとっても迷惑です。

また、子どもが、本心から、面会交流を嫌がっているケースというのは、実際にあります。

子どもの心情・内心は、子ども自身も整理がついていない場合も多く、慎重な見極めが必要になってきます。

面会交流は子どもが中心、ということを忘れないようにしたいものです。

場合によっては、しばらく面会交流をしないという選択、または直接交流ではなく、手紙やメールなどによる間接交流にとどめることで、子どもを守らなければならない場合があるのかもしれません。

また、以下にご説明する、面会交流ルールの内容を定めるにあたっても、子どもの年齢、性別、性格、就学状況、生活リズム、生活環境、友人関係、習い事、クラブ活動のスケジュールなどを勘案して、親のエゴにならないよう、また子どもに負担となることとならないよう、子どもの意向を尊重して取り決めるようにしなければなりません。

具体的な面会交流ルールの内容

面会交流をどのように行うかは、その実施に父母の協力が不可欠である以上、父母が話し合って決める必要があります。

面会交流の話し合いでは、以下のような事柄を検討することが多いです。

①日時

1 「月1回、第1日曜日」のように固定するのか

2 開始時刻と終了時刻

3 夏休み・冬休み・春休みの長期休暇の際どうするか

4 誕生日、クリスマスなどのイベント時はどうするか

5 運動会・学芸会・授業参観への参加を認めるか

6 少年野球やクラブ活動、学習塾に通っている場合はどうするか

②場所

どこで面会交流を行うか(公園、遊園地、非監護親の家など)

③受け渡しの場所

1 送迎は誰がするのか

2 最寄駅の改札、コンビニ、ショッピングセンター、監護親の玄関など

④方法

1 宿泊を認めるか

2 車に乗せることは可能か

3 プレゼント、お小遣いを与えることは可能か

4 LINEやメールなどで子が直接連絡を取ることを認めるか

5 祖父母等親族との面会を認めるか

⑤頻度

1 自由に会うことを認めるか

2 夏休み等に回数を増やすことを認めるか

3 (長期間面会交流が行われていなかった場合)、最初は短時間とし、段階的に伸ばしていくという方法を取るか

⑥連絡方法

急病・怪我などで実施できない場合など、面会交流に関する連絡はどのように行うか(LINE、メールなど)

⑦第三者機関の利用の要否・費用負担

1 どの機関を利用し、どちらが費用負担するか

2 いつまで利用するか

面会交流の実際と心構え

一般的には、月に1回程度、午前10時ごろから午後5時ごろまで、子どもの行きたいところを選んで行ったり、食事をしたりするケースが多いようです。

乳幼児の場合は、面会交流の時間はもっと短くなります。

面会交流を望むのは、子と離れて暮らしている親(非監護親)の側で、子どもと暮らす親(監護親)は、面会交流の実施に積極的ではない(できれば会わせたくないと思っている)ことが多いことも事実です。

トラブルを防止するためにも、可能な限り、禁止事項(子に対する小遣い、プレゼント等)を具体的に取り決め、それを書面にしておくことが望ましいといえます。

がっちりと固定的な内容にしてしまうと、予期しない予定が入ってしまったり、子どもが成長した場合に柔軟な交流が出来なくなってしまいますので、よほど対立が激しい場合を除いては、あまり固定的な内容にしない方が良いと思われます。

事情変更が生じた場合には、冷静に話し合い、臨機応変に変更していくことも子どもにとって重要です。

面会交流は、子の福祉を最大限尊重するという大前提の上になされなければなりませんので、父母間の感情的対立が子どもに悪影響を与えることのないように配慮することが大切です。

同居している側の親(監護親)
快く送りだし、帰ってきても面会交流の内容を根掘り葉掘り聞かないようにしましょう。

また、やむを得ない理由が生じた場合を除いてキャンセルはしないようにし、どうしても約束の日に実施できなくなった場合には、早めに連絡を入れることが大切です。

面会交流の前後は、子どもの精神状態が不安定になることがあります、注意して見てあげてください。

非監護親は、面会交流を心待ちにしています。人生の生きがいになっている人もいます。
引き渡しの時間には遅れないようにしてください。

面会交流を行う方(非監護親)
監護親の監護方針を尊重した面会交流を行い、高価なものを買い与えて子どもの気を引こうとしたり、生活状況を聞き出そうとしたり、悪口を言うことは厳禁です。
また、子どものスケジュールを最大限尊重してあげることも大切です。

その場合は代替日の調整を行います。

終了時刻を守りましょう。
そして、「また会おうね」と言って、楽しく別れましょう。
監護親は心配して待っています。
連絡無しに終了時刻を過ぎると、監護親は連れ去りの心配をしたり、不信感を持つようになります。

面会交流ルールについては、離婚の前後を問わず、話し合いで決めることができなければ、家庭裁判所に面会交流の調停を申し立て、家事調停委員、調査官などを交えて具体的内容について、改めて話し合います。

面会交流調停で決めることができなかった場合は、自動的に審判手続に移行し、裁判所が審判で決定することになります。

まとめ

弁護士
弁護士
子どもを中心に、どのような面会交流がもっとも良いのか、知恵を出し合って共に考える視点が持てるかどうかが重要です。

その際には、子どもの気持ちを、心の底から想像してみることが大切だと思います。

具体的な面会交流ルールの条項については、別の記事で取り上げる予定です。

この記事が少しでも参考になればうれしいです!

それではまた!