モラハラ

【これってモラハラ?】モラハラの意味と特徴チェックリスト

夫がいつも上から目線で、精神的に辛いです。いつ怒り出すか分からず、毎日ビクビクしています。友達に相談したところ、「それってモラハラじゃない?」と言われました。モラハラなんて他人事だと思っていました。でも辛いです。私はモラハラを受けているのでしょうか。

今回はこの質問にお答えします。

結論

あなたはモラハラ被害者になっている可能性が高いです。

以下の記事をよく読んで、ご自身の状況をしっかり理解し、今後の対応を一緒に考えましょう。

モラハラの意味

モラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略です。

一般的な用語の使われ方としては、「精神的暴力」「精神的虐待」です。

「moral」には、「心(精神・意志)に働きかける」という意味合いがあり、「精神に働きかける嫌がらせ」と理解するとよいでしょう。

心・精神に働きかけるものですので、陰湿な「いじめ」に近いものがあるかもしれません。

この説明からお分かりのとおり、被害者を精神的コントロール下に置こうとするところに特徴があります。

(モラハラは、職場や学校など、どこでも発生しますが、この記事では家庭内の夫婦間のモラハラを取り扱います。)

被害者は不安や苦痛を感じながらも、夫に精神・経済の両面で支配されていることも多く、なかなか加害者から逃れられません

弁護士
弁護士
夫婦間のモラハラは密室で行われ、肉体的暴力にように身体に痕跡が残ることもなく、客観的な証拠を示すことが出来ないので、なかなか第三者に分かりにくいことも特徴です。

【チェックリスト】モラハラ夫の特徴

まずは、自分がモラハラの被害者であると認識することが大切です。

あなたの夫の行為がモラハラにあたるのか確認してみましょう。

弁護士
弁護士
あなたの夫は、いくつ該当するでしょうか?

□ 結婚直後に性格が豹変した

□ 結婚後に退職を強要された

□ 他人に厳しく、自分に甘い

□ 基本的にケチで生活費を渡すのを渋る

□ なんでも自分優先で、自分の思い通りにしたがる

□ 子どもの相手をするのは自分の機嫌がいいときだけ

□ 子どもを可愛がっているというよりは、自分の関心があるところに連れて行ったりやらせているだけ

□ 自分に非があっても謝らない

□ あなたの成功を喜ばない

□ 急に不機嫌になる。あなたは夫が不機嫌になった理由が分からない

□ 夫を怒らせない方法がわからない

□ しばしば目に見えない精神的圧迫を感じる

□ いつも上から目線で、あなたのことを馬鹿にしているように感じることがある

□ テレビの出演者を馬鹿にする

□ 運転の際、他車に悪態をつきながら運転する

□ 家事育児に細かく指図する

□ 気に入らない料理はため息をついて食べない

□ いきなり「スイッチ」が入り、怒鳴る

□ 大きな音を立ててドアを閉め、自室に行く

□ 急に理由もなく無視する

□ 不愉快である雰囲気を出すものの、その理由を説明しない

□ 嫉妬心が強い

□ 子どもの前でも平気であなたの悪口をいう

□ あなたの実家や友達を悪く言う

□ 自分のLINE、メールにすぐに返信しないと怒る

□ あなたには節約を強いる一方、自分の趣味にはお金を惜しまない

□ 家計を管理し、自分の収入や財産を教えない

□ あなたが外出する際、許可を求めさせる

□ あなたが楽しみにしていることを制限する

□ あなたが楽しそうにしていると不機嫌になる

弁護士
弁護士
いくつ該当しましたか?
項目は多いですが、5つでも当てはまったら、モラハラ夫です。
少しでも気になった方は、すぐに周囲に相談してください。

【チェックリスト】モラハラ被害を受けている妻の特徴

弁護士
弁護士
モラハラ夫のチェックリストだけでなく、モラハラ被害者の妻のチェックリストも併せて確認してみましょう。

□ 夫といることが苦痛

□ 夫の言動を先読みすることにエネルギーを使っている

□ 夫の帰宅時間が近づくと憂鬱になる

□ 知らず知らずのうちに夫の顔色をうかがっている

□ 夫が楽しみにしていることには、気が乗らなくても一応楽しそうに振る舞う

□ セックスを要求されたときには、いやなときでも我慢して応じる

□ 夫の言うことが違うと思っても反論しない

□ 夫に言われたことは完璧にやらなければならないと思っている

□ 夫の許可が無いと自由に外出できない

□ 最近、自分の好きだった趣味をやめてしまった

□ 夫に言えない隠しごとがある

□ 自分の状況を仕方ないと思っている

弁護士
弁護士
あなたの状況が、上のチェックリストの多くに該当するなら、あなたはモラハラ被害を受けています。
「モラハラ夫チェックリスト」と併せ、モラハラ被害を受けているという事実をまず受け止めましょう。

あなたにとって大切なこと

モラハラ被害から脱するには、まず、自分がモラハラ被害に遭っているということをしっかりと受け止めることが必要です。

モラハラ被害を長期にわたって受け続けている方は、放っておくと深刻な抑うつ状態を招いてしまうことがあります。

被害者の精神的ダメージは大きく、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状が認められたり、最悪の場合は自殺に至ってしまうこともあります。

被害者自身に、被害を受けているという自覚に乏しいのもモラハラの特徴です。

長期にわたって人格を否定され続けているため、ある意味洗脳状態になっているからです。

モラハラ加害者が頭がよく、所得も高く、外では「良い夫」を演じるため、周囲も気づかないことが大半です。

世の中も、まだまだモラハラに関する正確な知識と理解が進んでいるとはいえません。

したがって、まずはあなた自身が「これってモラハラ?」と気付くことが、夫から解放され、あなたの人生を取り戻す第一歩です。

とても重要なことですので、本記事は、「気付くこと」だけに注力し、あえて沢山モラハラの特徴をまとめました。

弁護士
弁護士
もし、この記事を読み、モラハラ被害にあっているかもしれないと気になっている知り合いがいれば、指摘して気付かせてあげてください。

モラハラ夫への対処法、離婚の仕方については、別記事に詳しくまとめていますので、そちらもご覧ください。

この記事が少しでも参考になればうれしいです!

人生は一度きり。

今のままで本当にいいのか、この一瞬を大切に。