不貞慰謝料

【総まとめ】不貞相手に慰謝料請求するのに必要な証拠とは?

夫が不倫しています。証拠をつきつけて不倫をやめさせたいし、慰謝料も請求したいです。どんな証拠が必要ですか?どんなことに注意すればよいですか?

今日はこのようなご質問にお答えします。

不貞相手に慰謝料請求するのに必要な証拠とは

何故証拠が必要かを考えよう!

まず、証拠の意味を理解しておきましょう。

不貞に基づく慰謝料請求するためには

肉体関係があったこと

不倫相手が配偶者のことを既婚者と知っていたこと、

が必要です。

①と②について、配偶者も不貞相手も不貞を認める(自白している)のであれば、証拠は要りません

しかし、配偶者も不貞相手も、不貞関係を認めるとは限りませんよね?

不貞の証拠は、

相手がシラを切ろうとする場合に、相手に付きつけて自白させるため

裁判になった際に、請求の根拠事実を立証するため

に必要なのです。

証拠が無ければ

①シラを切られたままになって言い返すことが出来ず、

②慰謝料請求訴訟を提起しても、立証できずに請求は棄却(認められない)されてしまいます。

悔しいですよね。

証拠さえあれば、相手は言い逃れが出来なくなります

慰謝料の請求の際にも、強気に交渉することが出来るようになります

また、夫との離婚が問題になった際

①配偶者の不貞行為は、民法所定の離婚原因として規定されています。

不貞行為の立証ができれば、夫が拒んでも、離婚が出来る可能性は極めて高くなります。

また、

②夫から離婚を求められた場合、不貞を働いた夫は「有責配偶者」となります。

有責配偶者からの離婚請求は、極めて限定的な場合しか認められていませんので、離婚したくない場合には強い反論材料となりますし、仮に離婚に応じるとしても離婚条件で極めて有利な交渉が可能となります。

したがって、証拠の確保が何よりも重要と言えるのです。

2 不貞行為を立証するための証拠

では、どのような証拠を集めればよいのかについて解説していきます。

以下に述べるものは、全て裁判になった際の資料として使えるものです。

(1)調査会社(探偵会社・興信所)の調査報告書

調査会社(探偵会社・興信所)の調査報告書は、調査目的、調査日時、調査対象、調査方法等が記載され、その日の配偶者と不貞相手の行動が記録されています

何枚もの写真が添付されており、調査がうまくいった場合には、ホテルや相手の自宅の出入りなどが明瞭に撮影され、写真に収められています。

報告書とともに、DVDやBDでデータを貰える会社もあります。

密会場面を写真で確認することが出来ますので、決定的な証拠となります。

素人の方が、車などで移動する配偶者と不貞相手を尾行し、飲食店の前などで我慢強く待機し、ホテルや相手の自宅に入っていく場面、出てくる場面を写真に収めることは極めて困難でしょう。

調査会社に依頼をすれば、上に記載したような決定的な証拠が得られる可能性があります。

もっとも、調査会社(探偵会社)の調査能力、かかる費用は、会社によってまちまちです。

また同じ会社でも調査期間や時刻、調査にかける人員の数などによって費用が変わってきます

調査能力が低いうえ、いわゆる「ぼったくり」会社も混在していますので、少なくないお金をかける以上、選定は慎重に行う必要があります。

おおよそ20~100万円程度は必要と思われます。

これまでの私の依頼者では、なかなか尻尾がつかめず、4回調査依頼したことで、200万円近く支払ってから来られた方がいらっしゃいます。

調査会社への依頼により、証拠が得られることは良いことですが、不貞相手から得られる慰謝料や損害賠償額が、かけた調査費用に見合うものとなるかは最後まで分かりません。

したがって、費用対効果も考慮しつつ、調査会社に調査を依頼するかを検討する必要があります。

費用面はそれほど惜しまない、相手から取れる慰謝料でプラスマイナスゼロになるくらいであれば支払ってよい、とにかく証拠を掴みたい、という方には調査会社への依頼は有力な選択肢となります。

(2)メール、LINE、フェイスブックメッセンジャー

不貞の立証手段として使用されている証拠の圧倒的多数が、このメールLINE(ライン)フェイスブックメッセンジャーになります。

単なる親しいやりとりは、不貞の証拠として使用することは出来ません

よく法律相談に持参されるのが、お互いに好意を持っていることが有りありと分かるやりとり。

他愛もないくだらない(失礼)やりとりが延々と続いています。

配偶者のいる男性が、仕事外で女性とそのようなメッセージのやりとりをしなければならない必然性はありませんから、不審であることは間違いありません。

しかし、

どれだけ膨大なやりとりがあっても、またどれだけ親密な関係が確認できても、肉体関係が確認できないと証拠としては弱いのです。

たとえば、よく見かけるLINEで、「昨日はごちそうさまでした。楽しかったです。また連れて行ってください」というような内容の場合、食事をご馳走したことはわかりますが、不貞関係を持ったかどうかは分かりません。

肉体関係があったことがはっきりと読み取れる内容のやりとりが残されていることはそう多くありません。

もっとも、

丹念に読んでいくと、この会話のこのやりとりは、肉体関係があった又は肉体関係を継続している関係であることが推認できる会話が混じっていることがあります。

2人きりで家やホテルに宿泊したり、避妊具に関する会話、「生理なので今日は出来ないけどいい?」というような会話が典型的です。

そのようなメール、LINEを見つけた場合には、その画面を自分のカメラで撮っておくようにしましょう。

出来れば撮影した画像は、携帯に残しておくのではなく、別のPCやSDカード、クラウドに保存するなどして、配偶者に勝手に消去されないようにしておいた方が安全です(過去の依頼者に、夫に携帯を床に叩きつけて壊され、データの取り出しが出来なくなった方がいます)。

画像をカメラで撮影する際には、LINEが送信された日付が表示されるメッセージまで遡り、スクロールしながら当該問題のあるメッセージまで切れ目なく撮影するようにしましょう

日時が分からないと、そのやりとりがいつ行われたかが特定できないため、証拠としての意味が限定されてしまいます。

また、LINEの場合、相手の名前を自分の好きなように変更することが可能であるため、配偶者にばれないように、名前が変更されている場合もあります。

出来るだけ相手が特定できるメッセージや、相手の携帯番号も探しておくとよいでしょう。

(3)SNS

フェイスブック、インスタグラムなどのSNS上で不貞行為が発覚することがあります。

さすがに不貞相手と二人で写っている画像をアップロードする人は少ないと思われますが、配偶者と不貞相手が一緒に旅行に行っていたことがそれぞれのタイムラインから分かることがあります。

たとえば、

夫と不貞相手が、同じ日に同じアングルで、同じ景色や同じ店、同じ食事をアップロードしているようなケースです。

フェイスブックは共有範囲を限定する機能がありますので、配偶者にはばれないだろうと思って油断してアップロードし、共通の知人が、それぞれの画像を見て怪しいと思い発覚する、ということが時折あります。

そのような場合には、友人に。夫と配偶者それぞれのページについて、削除されてしまう前にスクリーンショットを撮って送ってもらいましょう。

ありえないようですが、意外とありますよ。

(4)携帯電話の発着信記録

携帯電話の発着信記録は、それそのものから不貞関係を推認することは出来ません。

しかし、相手の携帯電話番号と通話の時間帯から、相手を特定したり、通常の職場の関係ではない親密な関係であることの立証に使用できる場合があります。

(5)ホテル等の領収書、会員証、避妊具

ホテルの会員証やポイントカード、割引券を大事に財布に保管していることがあります。

(ほとんどのケースが男性です。)

妻が夫の財布をたまたま開けた際に、発覚します。

領収書から不貞相手が分かる訳ではありませんが、密会場所や頻度の立証に使用することが出来ます。

出張で一人で宿泊したはずなのに、二人分の領収書となっている場合があります。

ラブホテルの領収書があれば、不貞行為の証拠となります。

(6)クレジットカードの明細

クレジットカードの明細そのものから不貞関係を推認することは出来ませんが、日時と宿泊したホテル、ホテルに支払った金額等が分かります。

出張で一人で宿泊したはずのホテル代が、どう見ても二人分の料金となっている場合があります。

(7)画像

スマートフォンの写真アプリに、不貞相手の写真が残っているケースもあります。

不貞関係は、最初は誰もが、ばれないように最新の注意を払って始めるものですが、配偶者に知られないまま数か月が推移すると、徐々に緊張感が無くなってきて、LINEのやりとりを消し忘れたり、財布に会員証を残していたり、画像を残していたりするようになります。

ひどいケースでは、性交渉の様子が撮影された写真・動画が保存されている場合があります。

通常、不貞行為に基づく慰謝料請求は、密室で行われる以上、直接証拠(それそのものから証明できる証拠)を得ることは至難の業で、ラブホテルに二人で入っていく写真すら間接証拠に過ぎません。

このような直接証拠を発見した場合、嫌悪感に苛まれるでしょうが、カメラ撮影したり、ファイルを転送するなどして、保管しておくようにしましょう。

(但し、この直接証拠を公開の原則が働いている裁判の証拠として提出することは稀です。所持していることを示して、圧倒的有利な内容で示談解決することがほとんどです)

(8)車

カーナビの履歴、ドライブレコーダーの音声・画像は意外と盲点です。

ドライブレコーダーのマイクロSDカードにラブホテルに入っていく映像や、車内の音声が残っているケースがあります

助手席の座席の位置が変わっている、後部座席が不自然に倒されている、家族のものでない髪の毛などは、不貞を疑うきっかけにもなります。

(9)配偶者又は不倫相手が不倫の事実を認めた音声録音・書面

初めて問い詰めた際、配偶者は予期していないことから不意をつかれ、不貞行為の事実を認めることが多いようです。

しかし、問い詰めた直後は認めても、あとで「そんなことは言っていない」と否認に転じられることも少なくありません

また、裁判になると、「脅されて無理やり言わされた」と主張されることもあります。

このため、

配偶者や不貞相手と対峙する場合には、必ずICレコーダーで録音しておくことをお勧めします。

スマホ録音でも構いません。

激高せず、淡々と、理詰めで、出来るだけ詳細に事実を語らせるようにしましょう。

感情が高ぶり、泣いたり怒ったりしたい気持ちになるかもしれませんが、堪えて下さい。

不貞相手の情報(どこに住んでいて、名前は誰で、何歳で、既婚未婚の別、子はいるのか)のほか、交際内容(どこで知り合って、関係はいつからで、どの程度の頻度で会っていて、初めて性交渉をしたのはいつで、以後何回行ったのか)を出来るだけ詳しく聴き取って下さい。

聴き取りが済んだら、録音した音声自体も証拠となりますが、その場で、話した内容を自筆で紙に書かせて、日付と署名をさせてください

録音と、手書きのメモにより、証拠が強固になります。

3 証拠確保のタイミング

上に紹介した証拠は、すぐにその場で、収集・確保しておくようにしましょう。

あとで写真を取ろうとか、転送しようなどと思っていると、証拠を隠滅されたり、破壊されたりします。

「あのとき~しておけばよかった」と後悔することのないよう、証拠の収集・確保は、迷わずその場で行って下さい。

まとめ

不貞相手の慰謝料請求をするための証拠について解説してきました。

不貞をされて、悔しいし、悲しいですよね。

上に書きましたとおり、証拠さえあれば、慰謝料請求の場面でも、離婚の場面でも有利に交渉することが可能となります。

はっきりした証拠があれば、ひょっとしたら配偶者に改心させることも出来るかもしれません。

もし、証拠について、集め方や証拠の有効性について悩みがある場合には、お近くの離婚や不貞問題に強い弁護士に相談してください。

この記事が少しでも参考になればうれしいです!

それでは、また!