親権

【離婚と親権】父親が親権を取るための最善の方法とは

親権は母親有利、というのは厳然とした事実です。

そのような中でも、「親権を取りたい」と一縷の望みをかけて相談に来られる父親も沢山いらっしゃいます。

今回は、父親が親権を取るための最善の方法について取り上げてみます。

【離婚と親権】父親が親権を取るための最善の方法とは

親権・親権者のおさらい

親権とは、未成年の子を一人前の社会人となるまで養育するため、子を監護・養育し、子の財産を管理し、法定代理人となることを内容とする親の権利義務の総称です。

親権者とは、子の親権を持つ親のことをいいます。

子供の住居を定め、身の回りの世話や教育を受けさせる権利義務である「身上監護権」と子供の財産を管理したり、法定代理人として契約をしたりする権利義務である「財産管理権」が含まれると解されています。

一般的には身上監護権をイメージされる方も多いのではないかと思います。

親「権」というと、親の子に対する権利のように思われがちですが、実際には条文にもあるとおり、義務の要素があります

親権者は、上記のような内容の義務を果たさなければならないということを覚えておきましょう。

民法820条

親権を行う者は、子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う。

親権者の判断基準

親権者の判断基準は、以下の記事に詳しくまとめてありますので、まだ読んでいない方は、先にこの記事を読んでから、本記事に戻ってきてください。

【親権争い】親権を取りたい方必見!親権の争い方と判断基準少子化が加速している現在、離婚の際、父親と母親のどちらが子の親権を取得するかについては、祖父母も巻き込んで大変な争いになるケースが増えて...

父親が親権を取得するための最善の方法とは?

1 相対的に経済力が上回っていることをアピール

相対的に収入が高くて安定しており、資産もあることは当然アピールすべきポイントとなります。

裁判所は経済的側面だけでは判断することはありませんが、今後の収入が安定していれば、子も精神的に落ち着いた生活が出来ることが容易に想像できます

客観的資料で確認することが可能な事情であることもあり、審判書や判決書には、経済的側面については間違いなく記載される事項です。

収入資料通帳の写しを提出するなどして、経済的側面で母親を相対的に上回っていることはアピールしていきましょう。

2 心身が健康であることをアピール

毎日子を監護していくためには、心身が健康であるに越したことはありません。

健康診断書などを提出して、心身とも健康であることはアピールしてよいでしょう。

3 監護補助者・就労環境をアピール

この項目は、裁判所も特に重要視します。

  • 父親の両親(子にとっての祖父母)や親戚が同居又は近所に住んでいて、いつでも面倒を見てもらえる、
  • 保育園や学校から子が発熱したので迎えに来て欲しいといった連絡があった場合にすぐに対応してもらえる、
  • 学校からの帰宅時に、自宅のカギを持たせることなく祖父母に迎えてもらえる、
  • 仕事でどうしても遅くなることになった場合に祖父母に夕食を準備してもらえる、
  • 仕事がフリーランスで自宅で仕事をしている、
  • 仕事の性質上、帰宅時間をコントロールすることが可能、

こういった事情を、細部まで丁寧に主張していくことが大切です。
監護補助者となる祖父母、親戚には、「上申書」という書類を書いてもらい、子に対してどのような監護補助を行うことが可能なのかを伝えてもらうことも有用でしょう。

具体的にどのような事実をどのように記載すればよいかについては、経験豊富な弁護士であればよく知っています(沢山書けばよいというものではありません)。

4 監護実績をアピール

夫婦関係が悪化する前から、子の監護(家事・育児)に積極的に参加していたといった事情があれば、それをアピールすべきです。

写真などが残っている場合には、プリントアウトして証拠として提出しましょう。

子と父親の関係が良好であることをアピールすることが重要です。

もし、別居後も子と一緒に暮らしているなら、子が母親と一緒に暮らしている場合と比べ、親権を取得できる希望が大きくなります。

別居後も問題なく子と暮らしているという実績を積み上げることが出来ていれば、監護の継続性の観点からも大きな事情であり、しっかりアピールすべきです。

逆に、母親と子が一緒に暮らしていることが、父親の同意なく連れ去り行為により開始されたという事情があるのであれば、母親の監護の継続性は重視されるべきではないことを主張します

5 子の意思は相対的なものであることをアピール

別居後、子が母親と暮らしている場合、子は母親と今後も暮らしたいという意思を表示することが多いです。

父親としては、それはそうかもしれないが、あくまでも相対的なもの

よほど子に嫌われている場合は仕方ありません(その場合は潔く諦めましょう)が、同居時の父子関係が悪くなかったという自負があるならば、子を夫婦の紛争に巻き込まないで欲しい(子にそのような親を選ばせるような意思表示をさせないで欲しい)、子は本当はどちらとも一緒に暮らしていきたいはず、というアピールをしておくことも重要ではないかと思います。

ちなみに、子が父親を嫌う発言をすることが多いのは、同居時の母親に対するモラハラ行為、過度の飲酒癖、DVがあった場合です。

6 子の環境は変わらないことをアピール

父親が親権を取得しても、住居は変わらず、学校も周囲の環境も変わらないのであれば、その旨をアピールしておきましょう。

環境が変わらないことは、子の福祉にとって大切です。

7 現代社会では「母親優先の原則」を形式的にあてはめるのは不当と主張する

調停委員である私が言うのもなんですが、父の代理人として調停期日に出席すると、母親優先の原則を大上段に振りかざしてくる調停委員は、正直います。

確かに、父親が親権を取得するのは難しい場合も多いのですが、この原則を前面に押し出されてきた場合は、「子の福祉の観点から実質的にどちらが親権を取得するのが子にとって相応しいのか、実質的な話し合いをしたい、この原則を形式的にあてはめないで欲しい」、と調停委員に釘を刺しておくことも大切です。

8 きょうだい全員を引き取れることを主張

きょうだいが複数である場合は、全員をひきとって、監護していけることを主張しておきましょう。

9 面会交流を積極的に実施することをアピール

最近の家庭裁判所は、フリーペアレントルールは、かなり重視しています。

フリーペアレントルールとは、他方配偶者に頻度の高い面会交流等を確約する者に親権者としての適格性を認める考え方です。

離婚は夫婦の問題であり、子は関係ありません。
親の都合で子が一方の親に会えなくなってしまうという事態は好ましくない、ということをきちんと理解している姿勢を示しておくと、「この親は分かっている」と裁判所に思ってもらいやすいのではないかと思われます。

親権を取得したいなら、面会交流に寛容な姿勢を示すことは非常に重要です。

10 妻(母親)への攻撃は控えめに、主張よりは事実を淡々と指摘

親権争いでは、相手の非難をしがちですが、中立の立場である裁判所としては、相手の非難に終始している親にあまり良い印象を持たないのではないかと思われます。

むしろ、今後離婚するにしても、子の福祉にとって、元妻とどのような関係を保っていこうかをしっかり考えている親であれば、子を任せてもよいのではないか、と考えてもらえるかもしれません。

ですから、妻に育児放棄や暴言・暴力があった場合には、淡々と証拠とともに事実を指摘するにとどめ、そのような妻より自分が相対的に上回っている、という主張を冷静に行っていくと良いでしょう。

離婚原因が妻の不貞にあり、同居時に養育がおそろかになっていた(子を一人にして出かけていた等)、妻が不倫相手と関係が続いており、離婚後の養育に懸念がある、といった事情がある場合には、その旨もしっかり伝えていくようにしましょう

まとめ

いろいろ書いてきましたが、父親が親権を取得する戦いは茨の道です。

途中、苦しくなり、心が折れてしまうこともあるかもしれません。

しかし、子は親の対応を見ています。

「お父さんは、自分と一緒に暮らしたいと心の底から思ってくれているんだ」と、あなた(父親)の気持ちはきっと伝わります

簡単に諦めるのではなく、出来ることは全部やった上で、それでも母親に親権が認められてしまったなら、そこは潔く諦め、別のかたちで子と関わっていくことを考えた方がよいかもしれません。

子は、父親が母親を困らせているのを見るのも辛いものです。

親権を取得すれば、子のあらゆることにコミットする覚悟が出来ていたはずです。

養育費や面会交流などを通じて子と積極的にかかわり、「決して子のことを忘れていない、離れて暮らしていても愛情を遠くから送っているよ」という気持ちを伝えていくと良いと思います。

親権を取られてしまうと絶望的な気持ちになってしまうかもしれませんが、よくよく考えてみると親権は一生のことではなく、成人年齢引き下げ後は18歳までの話にすぎません

18歳を過ぎれば、親権など関係なしに子と関わっていくことが可能になります。

その日を楽しみに、良好な関係を継続していく方向へ舵を切って行かれてはどうでしょうか。

この記事が少しでも参考になればうれしいです!

それでは、また!