不貞慰謝料

【浮気調査】探偵に依頼した場合の費用・料金の相場はどのくらい?

浮気調査を探偵会社に依頼しようか迷っています。探偵さんってちょっと怖いイメージだし、あとで高額の請求をされると困ります。浮気調査の相場ってどのくらいなのでしょうか。

今日はこのようなご質問にお答えします。

浮気調査の費用相場

「値段によっては依頼したい」

そういう方も多いのではないかと思います。

結論から言いますと、20万円~100万円程度と幅があります。

この幅の中でも、依頼者の皆さんが持参される領収書を見ると、50万円~100万円程度が最も多い価格帯です。

何故、こんなに幅があるのでしょうか。

浮気調査の費用に幅がある理由

まず、探偵会社には、統一の料金体系はありません

各社がそれぞれの報酬体系を持っていますので、依頼する会社によって料金の高低があります。

(もっとも、大手の探偵会社は、ほとんど最終的な料金設定に違いはありません。)

そして、

1 調査日数

2 調査時間

3 投入する調査員の数

が大きくなるほど、料金が高くなります。

浮気がいつどこで行われるかが不確実であることも料金に幅が出てしまう理由となります。

調査費用は、一般的には、調査員2名で10,000円~25,000円程度と言われています。

通常2名1組以上で動きますので、仮に2名、8時間の依頼をすると、1回で8万円~20万円必要ということになります。

これに経費(車両・バイク代など)手数料(報告書作成費)などが加算されます。

これを3日依頼すると、50万円~100万円程度になりますよね。

日数がかかればかかるほど、人数をかければかけるほど、決定的な証拠は得られやすくなりますが、それだけ費用がかかります。

なお、「調査員1名」はお勧めしません。

1名では、尾行中に見失う可能性が高く、怪しまれた場合に交代も出来ません。また対象者は2名ですので、二手に分かれてしまった場合、一方しか追うことが出来なくなります。

したがって、最低2名は必要です。

大手の探偵会社では「調査員1名」では受けて貰えないのではないかと思われます。

【浮気調査】探偵・調査会社の選び方について 今回は、この質問を取り上げたいと思います。 ひっそりと浮気調査の需要が高まっているようで、探偵会社も乱立しています...

なお、ホームページには、素行調査や、人探し、婚姻相手調査などのメニューが並んでいますが、探偵会社の方の話によると、調査依頼の70%以上が浮気・不倫調査だそうです。

また、昔の浮気調査の依頼者の多くは妻である女性だったそうですが、最近は夫である男性からの依頼も増えており、今では半数近くになっているそうです。

平均的な調査日数

弁護士
弁護士
探偵会社の方の話によると、証拠が取れる日をある程度狙い撃ちに出来る依頼が圧倒的に多く、不倫の証拠が獲得できるまでの調査日数は、2日~3日で済むことがほとんどだそうです。

相手が警戒している場合には、1か月以上かかる場合もあるようですが、連続して1か月以上依頼するのではなく、〇月〇日、〇日、〇日と日を決めて依頼すればよいので、調査費用が青天井に高額になるということは無いということでした。

もちろん、調査会社が勝手に調査し、あとから事後承諾で費用を請求されるということも、まともな業者であればありません。

三大浮気現場

浮気の現場は、よほどのお金持ちでない限り、

1 ラブホテル
2 ビジネスホテル
3 不倫相手の家

この3つにほぼ絞られます。

この3つ以外の場所で行われた浮気の調査報告書は、ほとんど見たことがありません(例外:公園、自動車内)。

浮気調査会社・探偵会社の料金体系

浮気調査会社・探偵の料金体系は、大きくわけると、時間制定額制成果報酬制となります。

(1)時間制

文字通り、タイムチャージになります。

調査員の人数×時間+諸経費が基本的な料金となります。

費用が明確

調査が長引けば、結果的に高額・割高になるリスクがある。

ある程度、日時や場所を絞って依頼できる方、浮気の状況をある程度把握している方におすすめ。

(2)定額制

一定の調査時間・調査人員・諸経費を含んだ定額料金を設定している会社があります。

例えば、50万円の定額制パックの契約をした場合、50万円の範囲内で調査を行ってもらうものです。

時間制の場合と比べ、時間当たりのコストは割安になりますし、費用が際限なく高額になるという心配もありません。

50万円の範囲内で調査を行ってもらった結果、証拠が得られなかった場合、そこで調査をやめるという選択肢が取りやすいといえます。

短時間で証拠が得られた場合、逆に割高となってしまいます。

ただ、そのような場合に返金制をとっている良心的な会社もあります。

浮気の状況をそれほど把握できておらず、調査にかけられる予算もこれ以上は出せないという上限がある方におすすめ。

(3)成果・成功報酬制

一定の少額着手金を支払い、成果が得られた場合に報酬金を支払います。

最近は、着手金を0円としている完全成功報酬型の会社もあります。

成果が得られなかった場合には、調査費用が発生しません(一定の諸経費の支払いは求められる場合あり)

成功報酬金が高額に設定されている場合が多いです。

「成功」=「浮気の証拠」ですが、どの程度の証拠が取得できれば「成功」と評価するのかについて、きちんと定義づけを確認しておく必要があります。
探偵会社と無用のトラブルにならないようにすることが大切です。

密会している写真が撮れても、その密会相手の住所・氏名までは把握できなかった場合、それを「成功」と評価するのか等です。

成果があがらない場合には費用を払いたくないが、成果があがった場合には少々値が張っても支払って構わないと思える方におすすめ。

調査費用を安く抑えるには。

浮気調査の費用を安くするためには、「時間制」でスポット契約し、「その日、その時間」で証拠が取ることが重要になってきます。

配偶者が浮気をする曜日・時間・場所(相手の自宅かホテルか)・移動方法(車か電車か)・行動範囲等の情報を自分で出来る限り収集し、探偵会社に伝えることが重要になってきますよね。

弁護士
弁護士
事前に曜日ごとの行動パターンを確認したり、所持品からそれとなく探りをいれて、浮気をする日・場所・時間などの情報を集めていきましょう。

自由になる曜日や時間帯は決まっていることが多いので、「同じ曜日」や「同じ時間」に浮気しているということはよくあります

「休日出勤」「接待ゴルフ」は意外と怪しいものですよ。

結局探偵ってどうなの?

最近は調査会社も乱立してますが、結論としては、自分で証拠を取れないなら、調査会社に依頼することは「あり」だと思います。

確かに、時間が十分にあり、運もよければ、配偶者を尾行し、不貞現場に遭遇できるかもしれません。

では、探偵に依頼するメリットは何なのかというと、「顔までばっちり明瞭に写真に収めること」だろうと思います。

こればかりは素人には不可能です。

弁護士
弁護士
探偵に依頼したことを言いふらす人はいませんので世間には知られていませんが、これだけ探偵会社が乱立しているということは、需要があるということです。

なお、おすすめ調査会社・探偵会社は、「【浮気調査】弁護士の私が厳選する調査会社(探偵)4社」にまとめていますので、自分で頑張って証拠集めをすることも検討しつつ、情報収集されてはどうかなと思います。

【浮気調査】探偵・調査会社の選び方について 今回は、この質問を取り上げたいと思います。 ひっそりと浮気調査の需要が高まっているようで、探偵会社も乱立しています...

探偵の調査で浮気が分かったら

探偵からもらった調査報告書を配偶者に突き付けたい気持ちはよく分かります。

しかし、調査報告書にどのようなことが書いてあるのかが分からない方が恐怖です。

今後の交渉のため、調査報告書の内容を見せるのは少し後にしておきましょう

報告書の原本は、絶対にばれない場所に保管しておくことも大切です。

まずは、「探偵に依頼して調査してもらったから全部知ってるよ」といって、全てを洗いざらい話すよう促してください。

観念して調査でも分からなかったことまで白状するかもしれません。

不貞相手に慰謝料請求をしたい場合には、配偶者から不貞相手に、関係がばれたことはもちろん、調査報告書の内容まで伝えられてしまいますので、報告書の内容は秘密にしておきましょう。

まとめ

この記事では、探偵・調査会社に依頼した場合の費用の相場についてご紹介しました。

繰り返しになりますが、浮気調査の調査費用は、幅があり、一概に幾らくらいと言えません。

「証拠が取れるまで」という依頼をすると、際限も無くなります。

必ず相談に訪れた際、探偵会社に予算を伝え、見積もりを出してもらい、疑問点が解消するまで質問してください。

弁護士
弁護士
最近は、無料で面談・見積もりをしてくれる探偵会社も多くなっていますので、まずは一社ではなく、数社訪れて相談してみると、雰囲気も分かりますし、比較検討もしやすいでしょう。

この記事が少しでも参考になればうれしいです!

それでは、幸運を祈ります!