弁護士相談・依頼

市役所での無料の離婚相談ってどう?メリット・デメリットは?

役所で無料の法律相談をやっていると聞きました。今度離婚相談に行って来ようと思っています。役所の法律相談って法律事務所での相談と比べてどうなんでしょうか。デメリットはあるのでしょうか。

今回はこのご質問を取り上げたいと思います。

役所の法律相談ってどんなもの?

市役所・区役所の法律相談がどのように運営されているかは自治体によって様々です。
自治体と弁護士会が連携し、弁護士会から相談担当の弁護士が役所に派遣され、実施されている場合が多いのではないかと思われます。

弁護士は、交代で名簿順にやってきます。

通常は無料で、平日に開催されていることが通常です。

事前予約制のところがほとんどですが、先着順の自治体もあり、当日に役所に行って相談枠に空きがあれば当日でも相談が受けられるのではないかと思われます。

一人当たりの時間は20分~30分程度の場合が多いのではないかと思われます。

役所の法律相談の流れってどんな感じ?

担当部署は役所によって区々ですが、「市民法律相談」と表示されている部署へ行き、法律相談を受けに来たことを告げると、受付をしてくれます。

事前に相談員による聴き取りを行う自治体もあります。

弁護士
弁護士
お悩みの内容が、法律相談ではない場合もありますので、事前に他の専門家や他の部署に回す相談と弁護士相談に回す相談を選別しているところもあります。

無事、受け付けが住むと、相談開始時刻まで待機し、自分の番が来たら法律相談が始まります。

通常は、相談内容が他の方に聞こえないような工夫がされています

20分~30分の間で、自分の事情を説明し、弁護士から一定の助言を受けて終了となります。

相談後は「そのまま帰っていいですよ」と言われるのが通常です。

役所での離婚相談のデメリットは?

先に皆さんが関心のあるデメリットを説明します。

弁護士を選べない

1番のデメリットは弁護士を選べないということです。

弁護士は、たまたまその日が担当になったから来ているだけです。

その日担当の弁護士が若いのかベテランなのか、離婚に精通しているのかそうでないのかは運次第です。

まだ弁護士になったばかりで離婚調停に出席したことの無い弁護士や、普段は会社の事件ばかりやっていて、普段はまったく離婚事件を取り扱っていない弁護士に当たることもあります。

その日担当となった弁護士は、およそ2~3時間の間に、離婚に限らず、借金問題、債権回収、会社の問題、未払い賃金、隣地・境界問題、騒音問題、嫌がらせ、セクハラ被害等々、あらゆる相談に対応します

弁護士は、日々研鑽につとめていますが、万能ではありませんし得意分野も様々です。

弁護士
弁護士
その日に役所に行って相談が始まるまで、どの分野の何を相談されるか分からない状態で臨んでいます。
そんな中、20分~30分の間でご事情を聴き取り、一定の助言をするということですから、役所の法律相談には、自ずと限界があるということはご理解頂けますよね?
弁護士
弁護士
回答は一般的なものになりがちで、その日限りの相談ですので、突っ込んだ助言はしにくいのです。

専門的な助言を受けたいということであれば、役所の無料相談では心もとないということです。

原則として、事件の依頼をお願いできない

運よく、いい弁護士さんに出会えた!と思っても、そこは役所ですので、基本的に依頼をお願いすることが出来ません。

弁護士会によっては、直接受任を認めている場合もありますが、基本的には依頼できないと思っていた方がよいでしょう。

担当弁護士の名前も分からないこともあります。

役所での離婚相談のメリットは?

メリットは何といっても無料、そしてお手軽ということでしょう。

弁護士
弁護士
親身になってくれる、いい弁護士にあたったら、とてもラッキーです。

役所の離婚相談を受けるにあたって注意すべきこと

役所の法律相談は、1人の弁護士が、2時間で4~6人、3時間で6~9人くらいの相談を引き受けています(終わるころにはヘトヘトです)

後ろがつかえていますので、延長は出来ません

時間を有効に使わないと、すぐに終了時刻になってしまいます。

弁護士
弁護士
弁護士がうまく時間配分を差配してくれればいいですが、自分が20分の持ち時間のうち18分話し、残りの2分で弁護士が助言するというのでは勿体ないですので、出来るだけ事前準備をして臨むようにしましょう。

「これだけは聞いて帰りたい」という質問を、2~3個準備しておき、先に弁護士に伝えてから始めてもよいかもしれません。

時間が決まっていますので、遅刻をすると、その日の相談は受けられないか、限られた時間しか相談に乗ってもらえないことになります

役所には早めに到着しておくようにしましょう。

まとめ

役所での相談は、無料で、気軽に相談しやすいというメリットがあります。

しかし、弁護士が選べない時間が限られている、というデメリットがあります。

私もこれまでおそらく百回以上は市役所・区役所の法律相談を担当してきました。

弁護士
弁護士
弁護士は、限られた時間で出来る限りの相談者の方のために有用なアドバイスをしようとしています。

もし時間があるなら、役所の法律相談、法律事務所の法律相談、その他弁護士会、法テラスなど、様々な機会を利用して「この人に頼みたい」と思える弁護士探しをされては如何でしょうか。

この記事が少しでも参考になればうれしいです。

それでは、また!