離婚調停

自分で(弁護士なしで)離婚調停をする場合の費用は?どちらが払う?

妻の不倫で離婚を考えています。弁護士費用を節約するため、自分で離婚調停を申し立てることを考えています。自分で離婚調停の申立てをするときにかかる費用を教えて下さい。また、妻の不倫で今回のようなことになったので、かかった費用は妻に払わせたいと思っています。調停にかかった費用はどちらが払うのでしょうか

今回はこの質問にお答えします。

離婚調停にかかる費用(弁護士なし・自分で申し立てる場合)

1 申立て手数料

申立書に収入印紙を貼ることにより手数料を支払います。

1200円です。

何回調停期日が開かれても、1200円です。

回数が増えたから、追納してください、と言ったことはありません。

裁判官及び調停委員2名、裁判所の調停室を毎回2時間以上利用し、成立したら判決と同じ効力をもち内容によっては強制執行も可能になる調停調書を作成してもらうことが出来る手続きがわずか1200円

私の感覚では、こんなリーズナブルな手続きを利用しない手はありません。

離婚調停と並行して、婚姻費用分担調停を申し立てる場合、同じく1200円の印紙を申立書に貼って提出します。

2 予納郵券(切手)

裁判所から、相手方に郵便(申立書の副本など)を送るための切手(予納郵券)を納めます。

裁判所によって異なりますが、おおよそ800円~1000円程度です。

申立てを行う予定の裁判所に事前に問い合わせましょう。

3 必要書類の取得費用

申立てに最低限必要なのは戸籍事項証明書(戸籍謄本)です。

戸籍事項証明書は450円で取得できます。

その他、必要に応じて住民票、所得証明書、不動産登記事項証明書、固定資産税評価証明書などを役所で取得します。

いずれも数百円です。

4 コピー代

裁判所に書面や証拠を提出する場合は、裁判所用と相手方に交付する用のコピーの提出が必要です。

場合によっては、相手方が提出した資料等を謄写請求して、コピーを取る場合もあります。

5 交通費

裁判所に行くまでの交通費がかかります。

遠方の裁判所ですと、多額の交通費が必要となる場合があります。

6 郵送代

書面や証拠を提出する場合、調停期日に持参して直接手渡しても構わないのですが、期日の前に調停委員や相手方に読んでおいてもらいたい場合、事前に郵送します。

この場合には郵送料がかかります。

7 調停調書正本送達費用

調停調書正本を申立人と相手方の双方に送達させる手続きを取る場合、送達費用がかかります。

おおよそ1000円程度です。

8 調停調書謄本等取得費用

また、成立した場合、離婚届提出用、年金分割手続用の調停調書謄本が必要な場合、交付申請をします。

1通150円です。

弁護士に依頼する?

離婚調停は、法的手続の中でも比較的一般市民の方が利用しやすい手続きの一つです。

必ず弁護士に依頼しなければならないわけではありません

安価に利用できる手続ですので、勇気を出して自分で頑張ってみるという選択肢も十分検討に値します。

なお、弁護士に依頼することを検討される場合には、こちらの記事もご覧ください。

【要チェック】離婚弁護士の探し方・選び方8選「離婚したい!でも本人同士では話し合いが出来ない。弁護士に間に入ってもらいたい!」 「自分だけで離婚調停を申し立てるのは不安。色々...
【解説】離婚を弁護士に依頼する場合の費用相場離婚を弁護士に依頼したいと思ってウェブサイトで検索したら、費用は弁護士によってまちまち。 いったい、離婚を弁護士に依頼すると、費用...
【要確認】離婚調停を弁護士に同席してもらうメリット・デメリット離婚調停をすることになったとき、 「調停って弁護士に依頼しなければならないのかな」 「自分だけでも出来るのかな」 「弁...

どちらが払う?

ご質問の「離婚調停の手続費用を妻に払わせたい」というご質問について。

お気持ちはよく分かるのですが、基本的に、「自分が払った費用は自分が負担する」ことが原則です。

ですので、調停が成立する場合、調停条項の最後に「調停手続費用は各自の負担とする」という条項を入れます。

それぞれが払った印紙代、切手代、交通費、コピー代などはそれぞれが負担しましょうということです。

まとめ

今回は、離婚調停を自分でがんばってやってみたい、という方向けに、どの程度の費用がかかるのかについて解説しました。

思っていたよりかなり安く済むということがお分かり頂けたのではないかと思います。

調停を申し立てた後も、いつでも取り下げることが可能です。相手方の同意も不要です。

それほど気持ち的に構えることなく、積極的に利用されては如何でしょうか。

この記事が少しでも参考になればうれしいです。

それでは、また!